2018年も、ねばねばカップがやってきた!

20181123(金・祝)

毎年恒例のねばねばカップが、茨城県立医療大学の体育館にて
にぎやかに開催されました!
今年でなんと、第6回になります。

外の天気は晴れ😊。絶好のスポーツ日和でした。
体育館は少々寒かったですが、寒さに負けない熱いプレーや白熱試合がたくさんみられました。

「ねばねばカップ」の名前の由来は、茨城名物の納豆にかけまして、
    「ねばり強く!!」
    「ネバーギブアップ」
の精神で試合をしよう!と名付けられました。

ISEから3チーム、そうか2チーム、東京、横浜各1チームの計7チームで総当たりリーグ戦を行いました。

皆さんの「ねばねば精神」全開の気迫あふれるプレーがたくさんみられました。

 

シュートを積極的に打ったり・・・

たくさん走って、ボールを必死に追いかけ、一生懸命にゴールを守りました。

車いすバスケットボール教室で学んだことや、チームで立てた作戦に挑戦しました。

 

今回のねばねばカップでは、車いすバスケットボールの醍醐味でもある
「チームプレー」が、たくさんたくさん、みられました。

皆さんは、普段対戦しない他のチームとの試合を通して
どんなことを感じましたか?

うまくできて嬉しかったり、逆に思うようにできなくて悔しかったり、
楽しかったり、もっとうまくなりたい!!と思ったり、チームで戦うことが楽しかったり・・・
一人一人、いろいろなことを感じたのではないでしょうか?

今回のねばねばカップで学んだことを、これからの練習や、お家、学校、お仕事場など
身の回りの中で生かしていってくだされば、それは嬉しい限りです。

 

シッティングスポーツ協会の皆さん
そして、全国各地から集まってくださった、大勢の皆さん

お疲れ様でした!!