茎崎第二小学校に行ってきました!

2018年12月18日(火) 10:40~12:15

来年に茨城で開催される、いきいき茨城ゆめ大会の出張授業として、お声掛けをいただき、
つくば市立茎崎第二小学校に訪問させていただきました。

今回は、小学5・6年生を対象とした、車いすバスケットボール体験会を開催しました。

前半の45分は、小学5年生の31名と、
後半の45分は、小学6年生の23名と一緒に、車いすバスケットボールの体験です。

いきいき茨城ゆめ大会の実行委員、篠原さまからの元気溢れるご挨拶から始まりです。
バトンタッチした本協会の橘から、車いすバスケットボールのお話、実際にこれから乗る、競技用の車いすの特徴を皆さんにお伝えしました。

私たちスタッフの中には、車いすを用いて生活しているスタッフ、
片足が義足のスタッフがいます。

立って行うバスケットボールを、行うことは難しいです。
それでは、バスケットボールを一緒に楽しむことはできないのか・・・?
見学するしかない?
それでは、少し寂しいですよね。

立って、走ってバスケットボールができない方も、「車いす」を使ったら、一緒にバスケットボールを楽しむことができます。
使う道具を工夫したり、ルールを工夫することで、
スポーツはより広く、たくさんの方が楽しむことができるものになります。

スポーツの楽しさ、ワクワクが、たくさんの人に伝わるように、
スポーツを通して、毎日がさらに幸せになるように、私たちは活動しています。

そんなお話も、皆さんにお話させていただきました。
みなさん、寒い中でもよーく耳を傾けてくださり、とても嬉しかったです。

 

さて、お待ちかねの体験がスタートです!
始めは、みんなで車いすに乗って、チーム対抗車いすリレーです。

初めはみんなで練習を行います。どうやったら曲がるの?どうやったらまっすぐ進むの?
戸惑い間ながらも、まずは体験してみます。

いよいよ本番。
さっき初めて車いすに乗ったと思えないくらい、どんどん上達する様子に、びっくりしました!

その後は、車いすバスケットボールのゲーム大会です!

パス、シュートの練習がない中でも、さすが毎日一緒に生活している皆さんです。
声を出しながら、協力してゴールに向かいます。

車いすに乗ることで、ゴールがいつもより遠く感じますが、
惜しいシュートもありました。実際、ゴールが何本も決まりました!

ギャラリーからは、親御さんの応援があり
小学校1~4年生の皆さんも、体育館に見学に駆けつけてくださいました。

皆さん、車いすバスケットボールはいかがでしたか?

「難しかった!」「もっと動けるかなと思った。」
「体験を通して、いろんな学びがあった」

それぞれが感じたこと、気が付いたこと、ぜひ、周りのお友達やご家族の方に
お話ししてみてください♪ 知らない方がもしいたときは、「こんなスポーツだよー!」と
私たちの代わってお伝えいただけたら、とっても嬉しいです。

さて。
体験会の締めくくりには、特別ゲストが登場しました。

茨城国体のキャラクター、「いばラッキー」の登場です!
大人気でしたね~。

それでは、また皆さんにお会いできる時を楽しみにしています。
いきいき茨城ゆめ大会、ゆめ国体、みんなで応援して、盛り上げていきましょう♪

茎崎第二小学校の皆さま、ありがとうございました!