三大学連携・障がい者スポーツ体験会@茨城県立医療大学 

2019年12月1日 10:00~12:00

12月に入り、今年もいよいよ1か月を切りましたね。
12月1日は茨城県立医療大学にて、三大学連携・障がい者のためのスポーツイベントが開催されました。

毎年、11月~12月にかけて筑波大学、筑波技術大学、茨城県立医療大学の3つの大学で、1日ずつ障害者スポーツの体験会を開催しています。
茨城県立医療大学の車いすバスケットボールチーム「ROOTs」の学生の皆さんと共に、恒例となりました「車いすバスケとボール体験会」を開催しました!

体験会の始めは、デモゲームから。

間近でみる車いすバスケットボール、いかがでしたか?

 

いよいよ、体験の開始です!

まずはウォーミングアップに、「シャーク」という増やし鬼ごっこを行いました。
初めて競技用の車いすに乗った方もいましたが、皆さん速かったですね!

次に、4チームに分かれてリレーを行いました。
スタート地点からまっすぐ走り、コーンを回り戻るのですが、コーンを回るのがなかなかに難しいのです。
繰り返し走るうちに、スムーズに回れるようになりました。

次の人には、バトンの代わりにグータッチ♪

 

続いて、シュート体験です。

ツインバスケ用の低めのゴール、一般的なバスケットボールのゴール、バスケットゴールにタンバリンを下げて的にした、ISE通称「ちょい上ゴール」
3つに分かれて、シュート体験を行いました。

止まってのシュートの他に、レイアップシュートも体験しました。
動いた状態からパスをもらってのシュートは、少し感覚が変わりますね。
 

 

いよいよ、車いすバスケットボールのゲームです!

シャークやリレーで練習した車いす操作、シュートをゲームで挑戦です!
ゴールに向かってたくさん走って、たくさんシュートを打ちましたね。

 

 

皆さま、車いすバスケットボール体験はいかがでいたか?
最後は笑顔でハイタッチ!
皆さま、お疲れ様でしたー!!

終わった後、「楽しかった」「またやりたいです」のお声をいただき、スタッフ一同とっても嬉しかったです。
ぜひまた、車いすバスケットボールを体験しにお越しくださいね!

 

次回の車いすスポーツ体験会(エンジョイ!車いすバスケ)は年越し後の2月の予定です。
2020年度の車いすバスケットボール教室に初めて参加したい!という方、車いすバスケを体験したい方、たくさんのご参加をお待ちしています♪