三大学連携・障がい者スポーツ体験会@茨城県立医療大学 

2019年12月1日 10:00~12:00

12月に入り、今年もいよいよ1か月を切りましたね。
12月1日は茨城県立医療大学にて、三大学連携・障がい者のためのスポーツイベントが開催されました。

毎年、11月~12月にかけて筑波大学、筑波技術大学、茨城県立医療大学の3つの大学で、1日ずつ障害者スポーツの体験会を開催しています。
茨城県立医療大学の車いすバスケットボールチーム「ROOTs」の学生の皆さんと共に、恒例となりました「車いすバスケとボール体験会」を開催しました!

体験会の始めは、デモゲームから。

間近でみる車いすバスケットボール、いかがでしたか?

 

いよいよ、体験の開始です!

まずはウォーミングアップに、「シャーク」という増やし鬼ごっこを行いました。
初めて競技用の車いすに乗った方もいましたが、皆さん速かったですね!

次に、4チームに分かれてリレーを行いました。
スタート地点からまっすぐ走り、コーンを回り戻るのですが、コーンを回るのがなかなかに難しいのです。
繰り返し走るうちに、スムーズに回れるようになりました。

次の人には、バトンの代わりにグータッチ♪

 

続いて、シュート体験です。

ツインバスケ用の低めのゴール、一般的なバスケットボールのゴール、バスケットゴールにタンバリンを下げて的にした、ISE通称「ちょい上ゴール」
3つに分かれて、シュート体験を行いました。

止まってのシュートの他に、レイアップシュートも体験しました。
動いた状態からパスをもらってのシュートは、少し感覚が変わりますね。
 

 

いよいよ、車いすバスケットボールのゲームです!

シャークやリレーで練習した車いす操作、シュートをゲームで挑戦です!
ゴールに向かってたくさん走って、たくさんシュートを打ちましたね。

 

 

皆さま、車いすバスケットボール体験はいかがでいたか?
最後は笑顔でハイタッチ!
皆さま、お疲れ様でしたー!!

終わった後、「楽しかった」「またやりたいです」のお声をいただき、スタッフ一同とっても嬉しかったです。
ぜひまた、車いすバスケットボールを体験しにお越しくださいね!

 

次回の車いすスポーツ体験会(エンジョイ!車いすバスケ)は年越し後の2月の予定です。
2020年度の車いすバスケットボール教室に初めて参加したい!という方、車いすバスケを体験したい方、たくさんのご参加をお待ちしています♪

ねばねばカップ2019 開催!

11月23日(土)
今年も恒例となりました「ねばねばカップ2019 -カスミpresents-」が、茨城県立医療大学 体育館にて開催されました。

ねばねばカップとは・・・?

関東近郊でツインバスケットボールを行うチームが茨城県に集まり、試合を通し交流を深める大会です。
茨城名物の “ 納豆 ” にかけまして、<ネバーギブアップ精神>と<粘り強く続けて行こう!>といった想いから、「ねばねばカップ」と名付けられました。

そして今大会は、株式会社カスミ様のご協賛をいただきました。ありがとうございます!!

東京、横浜から1チームずつ、草加から2チーム、ISEからは4チームが出場し、合計8チームで大会を行いました。

いよいよ、試合開始です!!

まず午前中は2つに分かれ、4チームずつで予選を行いました。
予選から接戦が多く、白熱した試合がたくさんありました!

予選終了。

 

-そして、お昼休憩-

今年のお弁当は、ご協賛の株式会社カスミ様のお弁当です♪
バランス弁当、とっても美味しくいただきました。
午後に備えて、栄養補給も万全です!

 

 

午後は、午前の試合結果を踏まえて、順位決定戦です。

予選1.2位の4チームで1~4位決定トーナメント
予選3、4位の4チームで5~8位決定トーナメントを行いました。

チーム内でコミュニケーションを取って作戦を考えたり

試合に向けて、精神統一を図ったり

それぞれ試合以外の時間も、とっても貴重な経験です。

 

午後の試合はさらに白熱し・・・
ななんと!!
3試合が引き分けになりました。

トーナメントのため、引き分けでは終われません・・・

ということで、「フリースロー対決!」です( ・`д・´)

各チーム、4Qに出ていた選手5名が1本ずつフリースローを打ち、入った本数で勝敗を決めました。
みんなゴールに集中・シューターも、チームメイトも緊張の瞬間ですね。

 

シュートが決まった時の歓声がすごかった!!

 

接戦の末、なんと!
ISEチームは、3チームがフリースロー対決を制しました。すごいです!

5・6位、7・8位決定戦。

すでに5試合目でしたが、どのチームも集中した姿が見られました。
何より、選手も周りの応援団も楽しそうな表情が印象的でした。

そして、決勝・3位決定戦。

ISEチームは初の決勝進出し、決勝戦はISE対決となりました。

優勝チーム、おめでとうございました!!!

 

今回のねばねばカップは本当に接戦が多く、予選からどのチームが勝ってもおかしくないゲームばかりでした。
選手の皆さん、今年のねばねばカップはいかがでしたか?
楽しさ、嬉しさ、悔しさ、などなど・・・それぞれ様々なことを感じたかと思います。

試合を観戦していて感じたのは、全てのチームにおいて、1人1人が個性を発揮しており、それが集結して更なるチームプレーに繋がっていることです。
たくさんのISEのチームプレーを見ることができました。

そして、試合中には選手からコーチへ「もっとこうしたい!」「もっとこうして欲しい!」といった、積極的なコミュニケーションが見られました。

それぞれが考えたことをたくさん発信して、チームのために行動をする姿。
まさに、チームスポーツの醍醐味である「チームワーク」ですね!

大会を通して皆さんが感じたことを大切に、今後の練習や来週のねばねばカップに生かしていただけたら、嬉しい限りです。

試合終了後は、みんな笑顔で記念撮影です♪

今回ご協賛を頂きましたカスミ様、大会運営関係者の皆さま、東京、横浜、埼玉からお越しくださったご参加の皆さま、応援してくださったご家族様。
そして、今年もたくさんご参加くださったISEの皆さま。
たくさんのご支援の下、今年も無事にねばねばカップを終了することができました。

皆様、今年も本当にありがとうございました!!!

 

 

「ボッチャフェニックス杯 @筑波記念病院フェニックス」のお知らせ

皆さま、こんばんは。

あっという間に12月に入りましたね。年末に向けて、冬休み、クリスマス、お正月・・・
社会人の方はボーナス支給日が日に日に迫っているー!なんて、ちょっとウキウキな方もいらっしゃるかと・・・( *´艸`)

巷では風邪やインフルエンザが流行ってきているようですね。
楽しい年の瀬のためにも、お体どうぞ大切にお過ごしくださいませ。

 

さて本日は、12月8日(日)に筑波記念病院で開催されますボッチャのイベント
「ボッチャ フェニックス杯」のご紹介です!

最近、某企業様のCMでもボッチャを小学生が体験している様子が流れておりますね。

ボッチャは、2チームで行われるチーム競技で、赤と青のボールを投げ合い、目標となる白ボールにどれだけチームカラーのボールを近づけられるかを競う、カーリングに似た種目です。

ボールには砂のようなものが詰まっていて、少し重みを感じます。
目いっぱい投げれば随分と遠くまで転がってしまうけれど、余り手加減をするとあっという間に手前で止まってしまいます・・・。
これが、なかなか難しい。

どんな風に投げるか、相手のボールを吹き飛ばしたり、ボールの上にボールを乗っけたり!
とても緻密で予想外な作戦も数多く、やればやるほどに夢中になってしまいます。

 

今回のイベントでは、練習時間も設けられているため、初めてボッチャに触れる方も安心してご参加いただけます。

ISEのスタッフも当日は会場にいるそうですよ♪ ぜひ、遊びにいらしてくださいね!

※イベント主催は「筑波記念病院 トータルヘルスプラザフェニックス様」となります。
イベントに関する本会へのお問合せ、お申込みはご対応いたしかねますので、予めご了承くださいませ。

 

<ボッチャ フェニックス杯>

日時:2019年12月8日(日) 14:30~16:30 (受付開始 14:00)
会場:筑波記念病院 トータルヘルスプラザフェニックス(茨城県つくば市要1187-299)
参加費:500円
お申込み・お問合せ先:
ご参加希望の方は、できるだけ事前お申込みをお願いいたします。
筑波記念病院フェニックスまで、お電話にてお手続きをお願いいたします。
(電話番号029-864-7080)