アーチェリーの体験会を開催しました!

2018年10月28日(日) 10:30~12:00

第4回車いすスポーツ体験会は、茨城県アーチェリー協会様にご協力をいただき、
茨城県立医療大学の体育館にて、アーチェリーの体験会を行いました!

茨城県アーチェリー協会理事長の飯島さま、野中さま、曽川さまには
前日の道具運搬や当日の朝早くからの会場設営から、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

体験会当日は、参加者さんと親御さんや担当セラピストさんの13名様
そして、茨城県立医療大学の学生さん4名様がボランティアとして集まってくださり、
とても賑やかな雰囲気の中、シッティングスポーツ体験会はスタートしました!

(右から、飯島さん、曽川さん、野中さん)

茨城県アーチェリー協会理事長の飯島さんは、2000年のシドニーパラリンピックに出場され
団体4位の経歴をお持ちの選手です。(すごい!)

「障がいをもちながら生きていけたのは、アーチェリーがひとつ、役立ったと感じています。
協会の理事長となり、何かしらの形でアーチェリーに恩返しができたらと考えています。
大変なこともありますが、これからも挑戦を続けていきたいですね。」

と、始めの挨拶でご参加の皆さんに向けて、お話しくださいました。

 

さあ!
いよいよ、体験会のスタートです!

始めに、飯島さんのデモンストレーションを見学しました。

弓から矢が放たれる音、的に矢が刺さる音が思いのほか大きくて、ちょっとびっくり。
自然と皆さんから拍手が♪パチパチ

それでは、準備をしてやってみましょう!

参加者さんの身体の動かせる範囲、力の出せる範囲はさまざま。

アーチェリーは、片手で的を狙って弓を固定し、もう一方の手で矢を力いっぱい引き、
タイミングよく矢を手から放す、という複雑で繊細な工程が重なります。

片手が不自由な方の場合、弓を引く際に口を使う方法もあるそうです。

どんな風に道具を固定したら良さそうか。固定できないとすれば?
弓を引く力、どこまで発揮できるかな。

それぞれの今出せる力と知恵を十分に使って、アーチェリーを体験していきます。

弓の固定を、講師の先生にお願いしてみたり。

あえて、手に付ける装具を外して、指を動かしやすくしてみたり。

弓の固定と狙いを定めるところを担当して、矢を引くのは先生や親御さんと協力したり。

打てば打つほど、皆さん上達していきます!

 

何度も挑戦して、的に矢が刺さったときの快感!
見ているこちらも、嬉しくなります。

親御さんも、一緒に参加しました♪

「お母さん、凄すぎるでしょ!見ててね!絶対当たるから!」
息子さんの応援にも力が入ります。

ご家族で、お友達やいつもお世話になっている方と、
同じスポーツを体験して過ごす時間も、良いですね。

 

実は、体験会を開催する前は、両上肢に障がいをお持ちの場合、
アーチェリーの体験は難しいかもしれず、見学になるかもしれません。

と、ご案内を出しておりました。

しかしながら、今回は参加者全員が、実際に道具に触れ、アーチェリーを体験し
体験会を終了することができました。

アーチェリー協会の皆さまが知恵を絞り、サポート方法や使用する道具、環境を工夫し、
参加者さまが「自分もやってみる!」と主体的に・意欲的に体験会に参加してくださったおかげです。

「楽しかった!」「またやってみたい」「難しかった」「弓がとても重かった」…
ご参加の皆さんが感じた気持ち、感覚、経験が
これからのスポーツ活動や、日々の生活に、少しでもお役に立てていただけたら
今回の体験会は大成功です♪

 

ご参加の皆さま、本日はありがとうございました!!
そして改めまして、茨城県アーチェリー協会の皆さま、ありがとうございました!

また、アーチェリー体験、やりたいですね。

 

*****

ここでお知らせです!

茨城県アーチェリー協会様のHPにて、
『【12月8日・9日開催】アーチェリー体験会 @笠松運動公園』
のご参加募集がご案内されております!

毎回、大盛況のアーチェリー体験会です。

お申込み締切は、2018年11月15日(木)
往復はがきのみ、での受付となっております。

詳しくは、茨城県アーチェリー協会HP  からご確認ください。

 

*茨城県アーチェリー協会のホームページ
https://groups.google.com/forum/#!forum/archery_iaoi

*****

車いすバスケ教室、秋クール始動!パート2!

2018年9月22日(土)18:30~、9月29日(土)18:30~

車いすバスケットボール教室、秋クールが始まりました!

前回のRed Sharksの活動報告に続いて、18:30~のBlue Sharks、Black Sharksのご紹介です!

(Red Sharksの活動報告はこちらです♪ 車いすバスケ教室、秋クール始動!

 

秋クール初回は春クールの復習を行いました!

春クールでたくさん行ったチェアスキルやシュート練習、1on1を一通り復習しました。
みんな2か月ぶりとは思えないくらいシュートがバシッと決まっていましたよ~♪♪

   

さて、春クールでは基本的な車いす操作やボールハンドリング、1on1の練習を中心に行ってきましたが、
秋クールではOFでは2on1、2on2、DFではT-cup  DFなどの練習を行っていきます。
一人の力では難しくても、みんなで得点をできるように、みんなでゴールを守れるように、
チームワークがとっても必要な練習を中心に行っていきます!

OFの2on1や2on2の練習を始めましたが、
「難しい!」と言いながらもみんな一生懸命練習しています!

 

Black Sharksでのピック&ロールの練習の様子です。

ピック&ロールとは2on2の状態から2on1の状態を作って、よりOFが得点を決めやすようにする戦術です。
緑のビブスを着ている人が仲間のOFに付いているDFのところに「ピック」にいくことで、
DFが1人減った状態になってシュートをより決めやすい状況を作ります!

ゲームの中でも練習したことを行っていこうとみんな挑戦していました!
「ピック行くよー」なんて掛け声がたくさん聞かれました!続けて頑張っていきましょう~

 

Blue Sharksでも2on1、2on2の練習を始めています!
みんなで声をかけながら頑張っていますよー!

ゲームも毎回行っています!
実は!
ちょい上ゴールですが、みんなのシュート力があがってきたので秋クールから少し高くなっているのです。

また、今までちょい上ゴールにシュートを打っていた子が、上ゴールに届くようになって
ゴールを変更した人もいます!

みんなの成長が感じられてとっても嬉しいです♪

秋クールの初回には皆さんに「秋クールの目標はなんですか?」と聞きましたが、目標は決まりましたか?
スタッフの私たちは皆さんの目標が達成できるようにサポートしていくので
ここが上手になりたいなーとか、苦手だなーと思うことがあれば気軽に相談してくださいね。

次回の車いすバスケ教室は10月13日です!
少しずつ寒くなってきているので風邪には気をつけてくださいね~!

車椅子バスケ教室、秋クール始動!

2018年9月22日(土)15:30~

車いすバスケットボール教室、秋クールがいよいよ始まりました!

車いすバスケットボール教室は、本年は年間16回のクラスで構成されており、
4月~7月の春クール、9月~12月の秋クールの2クールを通し、
車いすバスケットボールに取り組んでいきます。

約2か月ぶりの再会♪

15:30~のRed Sharks のメンバーが、ぞくぞくと体育館に集まり、
あっという間に賑やかな体育館になりました。

 

秋クール初回。
まずは体育館前面を使った、定番アップ「シャーク」で
めいっぱい車いすを漕いで、大きな声を出して体を温めます!

久々の車いすバスケットボール!の方も、ちらほら。

車いすの操作方法(プッシュ、ストップ、ターン)の確認と、
シュートの練習をおこないました。

そして、やっぱり盛り上がるのが
車いすバスケットボールの試合です!

4チームに分かれて、たくさんゲームを行いました。

実はみんな、バスケの練習してたんでしょ!!?
というくらい、たくさん入るシュート!

ドリブルや、タイヤを使ったボールのピックアップ
仲間へのナイスパス、強いディフェンス

得意なプレーで輝く姿や
難しいプレーに挑戦する姿も、たくさん見られました。

久々の車いすバスケットボール教室は、いかがでしたか?

秋クールは、毎年恒例となった茨城県での車いすバスケ大会
「ねばねばカップ」も開催予定です。

秋クールが終わる頃、皆さんはどんな自分になっているでしょう。

できるようになりたいこと、もっと磨きたいこと
自分の必殺技を作るのも良いですね♪

ぜひ、思いついたら教えてくださいね。
それが叶うように、スタッフはたくさん応援します!

 

今日は、車いすバスケットボール教室の Red Sharks のご報告でした。
次回は、Blue Sharks・Black Sharks のご紹介予定です。